PADRECELESTE.COM

 

                                                     どうやって神様の救いを得るか。

 

日頃、私たちは様々な問題に行き当たります。その解決に私たちはしばしば権力を持つ人たちや、出来事を予言する人たちにさえ助けを求めようとし、私たちを創造してくれた神様にはそれを求めません。神様は信奉する宗教にかかわらず、純粋な心で探せば私たちの近くにいるのです。では、どうすればよいのでしょうか?それは、自尊心を捨て、勇気を持ち、独りまたはグループで、できる限り集中しながら、「我らの神、アヴェ・マリア、神に栄光あれ」を唱えつつ、信じて祈るだけなのです。熱意を込めてこの3つを、私たちのそばで耳を傾けている人がいるかのように話しかけながら何度もくり返します。神様と接する直前に、私たちは完全にリラックスした状態で、目に涙をためてあくびをするでしょう。私たちの問題を解決するために、話しかけるように、神様に救いを願うのはその時です。例えば頭痛や様々な衰弱をなくす、沈んだ気持ちから開放される、一日のストレスを癒す、愛の問題を解決したり乗り越える、麻薬のトンネルから抜け出す、失業者なら仕事を見つける、家庭や会社で対立をなくし、平和をもたらす、病気を克服するなど、必要としていることです。すべてはおかしなことではなく、むしろごく普通なことであり、「神様、仕事が見つかるように助けてください、病気が治るように助けてください」などと言いながら、全ての人間に通ずる上述のアドバイスに従うだけでよいのです。一日の中で何度も、願いによっては来る日も続けます。これは研究者、医者、科学者たちにも同じことです。彼らは、祈りと共に神様からひらめきを受け、人類の平和と健康のために、様々な発見ができるのです。賞金を得るための組合せ番号は、願っても聞いてもらえないでしょう。ではどうやって神様の愛にお礼することができるでしょうか。私たちに根付いたエゴイズムや欲望心を乗り越え、貧困者を助ける準備をし、自分が得る物の少なくとも一部を貧困者に贈ることでできるのです。もちろん、これを実際に行うのは少し難しいですが、心配することはありません、献身は、祈ったおかげで自然に行えます。与える必要性を自分の中に感じます。皆さんは、どうやって本当の貧困者を見つけるのか?宗教はしばしばその運営が分からない、したがってどうすればよいのかと問うでしょう。それは最初と同じ方法で祈るだけでよく、神様と接する時に、「神様、私が貢献できるよう、本当に助けを必要としている人を見つけるために力を貸してください」と言うのです。皆さん安心してください、その人は見つかります。神様は皆さんの声が届いたことを、もう一度証明してくれるでしょう。続いて決定は皆様の心にあるでしょう。なぜなら大切なのは実行することだからです。神様は私たちにとって友人以上であり、知らぬふりはできません。むしろ、神様に一日にあった出来事、災い、悲しみ、落胆、不公平、難しい問題や不思議な問題を集めてあげてください。私たちの創造主は皆さんの心のより深い部分に、そこ照らしながら入り、エネルギーを与えてくれるでしょう。救いを得た後、皆さんは祈りを忘れてしまうようなことはないでしょう。決して祈りを軽んじてはいけません。大勢が一つになって祈る時、その力は人類を脅かす、より恐るべき世界の出来事を変えることもできるのです。何が起きても、私たちの神様は皆さんを導き、平和を与え、それを皆さんの心に宿らせてくれるでしょう。

 

 

P.S. この内容を全世界に伝え広める、それが著者の遺言でした。

 

神様自分の心を開くということを望んで、次ページに述のお祈りを記載しています。

back